c61_L/O
長かったが、現状『端ノ向フ』本編映像の完成度は九割強程度の塩梅となった。作業も残すところあと僅かである。
ここで思い出したように本作と過去の作品との関連性を明示すべく、『戦雲の高層都市』の解説をば公開した次第である。思えばあれから九年という歳月が経ったとは、俄かには信じ難いのだが・・・。

コメント(1)  

弥栄堂出店
先月に引き続き、フリーマーケット出店情報の告知をば。
8月18日(土曜日)秋葉原UDXフリーマーケット 10:00~16:00 
今回の出店箇所は歩道に面しており、会場外側を周回すれば難なく発見できるという御手軽な状況である。是非、お越し頂ければ幸いである。

コメント(0)  

台本只今、いったん映像制作の手を休め、『端ノ向フ』のアフレコ用台本を起こしている。自らこの作業を行うのは初めてだが、映像を作っている時に比べて若干俯瞰の視点で作品内容を再確認できる気がする。少し新鮮である。
そして、出演する声優陣は割となつかしの面々が中心となる予定なので、今から収録が楽しみだ。

コメント(2)

端ノ向フコンポジット中弥栄堂露店 先のデザインフェスタにて販売した冊子『よろず骨董山樫画報』や絵葉書などは、今後WEB販売なども検討したい所であるが、その前に『端ノ向フ』の制作も完了したい焦燥感もあり、時間配分が難しい。

このたび 弥栄堂資材廠は、これら各種の在庫を抱えて7月29日の秋葉原UDXフリーマーケットへの出店を決定した次第である!【公式サイト】 【地図】
あくまで机一つの簡易な陣地構築に留める予定で、近くにお越しの際などお気軽に寄っていただければ実に幸いであります。
...(続きを読む)

コメント(0)  

デ號作戦2012A03
デザインフェスタは無事完遂せり。

今回は一に、多方面の方々に来訪して頂き、誠に天佑神助の有難い思いであった。そして、陣地構築や販売物制作に関する様々な教訓をも得ることができた。

...(続きを読む)

コメント(0)  

デ號作戦2012A01
今週末開催のデ號作戦(デザインフェスタvol35)に投入を予定している売物が、本日弥栄堂資材廠に続々と集積された。その内訳は、先日お伝えした処の「絵葉書」九種と「よろず骨董山樫画報(冊子)」を中心に、雑多な小間物が若干種となっている。
実は今になって新たなアイデアが閃いたものの、納期上もはや不可能なので、それは次回以降に実現しよう。

コメント(2)  

デザインフェスタ201205端_デザフェス画報1
記事見出しの通り、我が弥栄堂は5月のデザインフェスタへ参加する運びとなったのである!
2012年5月12日(土)・13日(日) 11:00 - 19:00
東京ビッグサイト西ホール
ブース番号はC-254/C-253となってをり、チョータ式と分割統治の様相となった次第。
...(続きを読む)

コメント(0)

111105

結構暗く重めの内容の「端ノ向フ」。その次はまた山々を装脚戦車が駆けるようなカラっとしたものを是非作りたいと、以前にも増して強く思っている昨今である。

そして、早くも11月になったので、山樫の第二回を公開せり。

http://iyasakado.com/works/yamakashi/

コメント(2)  

端111015端111015B
背景を描くのはなかなか愉しいが、多々時間を消費すること由々しい。いずれは美術スタッフの増員も考慮したい処だ。
ところで先頃、拙作『よろず骨董 山樫』第一回をWEB公開させていただいた。詳しくは下記を参照下さい。

コメント(0)  

ダブサ左...東岸線下り箕河洲付近を通過中のダブサ形。

ダブサ形式は、鐵道省が短距離旅客用に導入した
4-4-4型過熱式タンク機関車で、都市近郊路線の主力機として配備された。
主要幹線用旅客機を思わせる流線型外装を採用し、大動輪による快速性で急行列車の牽引に供されたが、現在は後継機の登場に伴って次第に貨物牽引に用いられたり、地方私鉄に売却された姿も見られるという。

コメント(0)  

<新 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11