引き続き制作。
今作では、紙での作画→スキャン・仕上げ→AEでのコンポジット、という工程を採用してゐる(左画)。いままでのフルデジタル制作よりも性に合っているかもしれないと今更発見。今更過ぎる。テンションを高く保てて画面の密度も上がっていく気がする。
装甲列車を作画しているからか。
ところで、軸配置E型の機関車(4110とか)はデカポッドでよいのだろうか?それとも他に適切な呼称があるのかな。満鉄式呼称の架空装甲機関車を出したいので勉強中。
...(続きを読む)

コメント(4)  

端ノ向フ01大本営発表。この春開催さる東京国際アニメフェア http://www.tokyoanime.jp/ja/creators_world/2010a/ のクリエイターズワールド・アドバンスに、ブース出展決定 2006年以来、久々に個人としての参加である。
そして、当日は新作短編"カ號計畫"="端ノ向フ"(左上画像)・・・これまた久々の自主制作作品・・・の、トレーラーをブースにて上映予定なのである。
(余裕があればまたポストカードなども用意したいところ・・・)

開催日:
 ビジネスデー : 3/25・26
 パブリックデー: 3/27・28

・・・お時間ある方は是非お越しください!
...(続きを読む)

コメント(3)  

ヒコ車左絵はアニメ企画用検討イメージ。モデルは目下研究中の満鉄ヒコ型重砲車。でも搭載砲は三八野砲ではない。

そのほか、いろいろな情報は目前の仕事をひと段落させてから発表する予定也。
...(続きを読む)

コメント(3)  

謹 賀 新 年。
 
あけましておめでとうございます。
寅年なので、今年は激動の年にする・・・!


新作短編のほうはほぼ全体像が見えたところで、正式タイトルは「まだ変わらないとも言い切れないので」、しばらくは秘匿名"カ號計畫(かごうけいかく)"と呼称しつづけることとしている。左写真はその準備稿の一部。
作品内容を掻い摘むと、貧民窟(ドヤ街)と活動写真と憲兵と境界線。


コメント(0)  

カゴウ以前も少し触れたカ號計畫(かごうけいかく)とは、未公開のパイロット作品などを除いて通勤大戦争以来(本当はコンリモ以来)の、塚原重義・自主制作短編作品の計画名である!(作品名に非ず)
右写真は作業場に持ち込んだ資料の数々。つまり、このような内容なのである。そしていつの間にか年末が接近しつつある・・・

コメント(6)  

4110形
満鉄型装甲列車ではダブイ型(タンク機関車)が採用されていたのだから、こういうのがあっても良いのではないかと。
4110形、そのままでも装甲機関車っぽいのは、原産国がドイツだからなのか。どうもまだ形状を把握し切れていないのだが、保存されている実機が北海道にしか無いのは辛い。あるいは、マイクロエースの模型を資料として購入か。

コメント(0)  

日々の業務に埋もれそうな気分を奮い立たせるべく、経過を記すこととした。
先日国会図書館にて満鉄製装甲列車の形式図数点を入手し、次第に資料の収集準備は整いつつある現状。
...(続きを読む)

コメント(0)  

jbun01

NHK教育で放送中の「Jブンガク」オープニングアニメーションを、SugarlessFactoryの武藤さんと一緒に制作。プロップのデザインと作画、撮影処理などを主に担当しています。
...(続きを読む)

コメント(0)  

軽装脚車2年くらい前からやるやると言っていた某計画、色々整いつつあるのでそろそろ動こうかと思います。技術的試験も兼ねて。歩行バイクのリファインに手間取ってしまった。


ヒサ型火砲車1それにつけてもいま熱い帝国陸軍兵器といえば、「ヒサ型火砲車」です。セットの「ヒニ型」の銃塔の形状も趣がある。定番の「九四式装甲列車」や「臨時装甲列車」にはない味わい。

コメント(0)  

<新 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11