弥栄堂 / 塚原重義: 活動記
弥栄堂(いやさかどう)
作:塚原重義 / MAIL / 

活動記

111105

結構暗く重めの内容の「端ノ向フ」。その次はまた山々を装脚戦車が駆けるようなカラっとしたものを是非作りたいと、以前にも増して強く思っている昨今である。

そして、早くも11月になったので、山樫の第二回を公開せり。

http://iyasakado.com/works/yamakashi/

コメント(2)  

端111015端111015B
背景を描くのはなかなか愉しいが、多々時間を消費すること由々しい。いずれは美術スタッフの増員も考慮したい処だ。
ところで先頃、拙作『よろず骨董 山樫』第一回をWEB公開させていただいた。詳しくは下記を参照下さい。

コメント(0)  

ダブサ左...東岸線下り箕河洲付近を通過中のダブサ形。

ダブサ形式は、鐵道省が短距離旅客用に導入した
4-4-4型過熱式タンク機関車で、都市近郊路線の主力機として配備された。
主要幹線用旅客機を思わせる流線型外装を採用し、大動輪による快速性で急行列車の牽引に供されたが、現在は後継機の登場に伴って次第に貨物牽引に用いられたり、地方私鉄に売却された姿も見られるという。

コメント(0)  

『よろず骨董 山樫』放送

箸休め然なる連続掌編アニメーション。
ある高架下の骨董屋を舞台に繰り広げられる口八丁の迫真閑話。

自律機關
左...テリヤス工業製の三號自律機關

年の瀬に一億国民を震撼させた"牛蛙事件"。大帝都西部、照安財閥の企業城下町・照安市にて当時試験販売されていた軽害獣駆除機ウシガエル-テリヤス工業製、四號自立機關搭載機-が突如として暴走、付近の産業道路に飛び出して玉突き事故の大惨事となった。「自律機關」とは演算機を組み合わせた頭脳装置、またはそれを搭載して活動する機材の総称で、一部は事件以前から脆弱性が問題視されており、本事件が後の「自律機關統制法」施行による製造販売規制へと繋がった。同法成立が"長年の技術停滞に更なる拍車をかけた"・・・との声もあり、実際に一部の技術体系は途絶えているという。

コメント(2)  

yama02.jpghttp://iyasakado.com/works/yamakashi/
現在、テレビ埼玉で今秋から放送予定の連続短編アニメーション「よろず骨董 山樫」を、絶賛制作中である!
なんとか端ノ向フの制作と両立させたいがため、30秒を"演出"で逃げ切る実験的作品で、シナリオは数年来の仲間(と勝手ながら思っている)福島直浩氏に参加して頂き、密度の高いものとなっているはず。毎週、アニメ情報番組アニたま内の月間ショート劇場にて月間で放送される(つまり1クールが3話である)・・・という変則形態で、圏内の方は是非ご覧いただければ幸いである。

コメント(3)  

回収したカットの演出チェック中(左)。
詳しくは本編完成後のスタッフロールで明かされるが、端ノ向フは様々な方の御支援により遂行中で、感涙に奮い哭くばかりである。西の方角に足を向けて寝るなどは萬世に渡り許されざることであろう。

そんな折、突如として10月公開の30秒尺短編を同時進行によって制作する運びとなったである。これについては近日中に追って報告したく思うが、果たして・・。

コメント(0)  

明星石灰の櫓
大帝都の東端、尾具區橋ノ坂町を一望した時にまず目に付くのが、明星石灰株式會社・橋ノ坂工場の櫓式大煙突である。
明星石灰は大帝都近郊において『浦粕貝灰』と双璧を成す貝灰製造の大手だが、ここ橋ノ坂工場は"鬼の石従組"こと石灰従業員組合の勢力が強大で、数年に一度の割合で大型争議(明星争議)を起こしている。争議の度に敷地内に増築されるバラック要塞は会社側の撤去も追いつかず、工場周辺の不良住宅群と同化しつつある。これはあたかも工場設備が貧民窟に飲み込まれているようにも見え、橋ノ坂町独特の異様な景観を作り出している。
近年の明星争議は益々過激化しており、赤色ゲリラの類が関与しているとの噂も絶えない。

コメント(2)  

<<前 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

物販

『夜中町 妖所案内』ポスター

『端ノ向フ』Blu-ray+鑑賞讀本

『女生徒』DVD

「TwilightCity at NISSAN STADIUM」DVD&BD


連絡先:メールフォーム

RSS:
http://iyasakado.com/atom.xml